脱水機/アサヒプレス 〜世界にひとつだけの脱水機〜
go to プライバシーポリシー go to お問い合わせ
脱水機で野菜、食品などの脱水
脱水機で合成ゴムの脱水
脱水機で茶かす(茶がら、紅茶ガラ)の脱水
その他(スープ・ワカメ)の脱水事例
アサヒプレス(脱水機)の説明
お客様の声
よくある質問
リンクについて
お問い合わせ
株式会社フローダイナミックス
(第一実業100%出資子会社)
電話:03-6370-8798
FAX:03-6370-8602

脱水機

脱水機で合成ゴムの脱水

「合成ゴムの脱水でスクリュープレスの先端でゴムが詰まってしまい、安定的な操業ができない……」

そんな工場関係者の方のお話をよく聞きます。
go to 天然物の事例について知りたい方はこちら
go to 合成ゴムの事例について知りたい方はこちら
go to その他の脱水事例について知りたい方はこちら
go to 脱水に関してお悩みの方はこちら
go to アサヒプレス使用動画はこちら

合成ゴムの脱水にスクリュープレス(脱水機)を使っているという工場は多いです。

ところが、スクリュープレス(脱水機)で脱水すると、冒頭の工場関係者の方のように、先端で合成ゴムが詰まってしまうということがよくあるのです。

何度もスクリュープレス(脱水機)の先端で合成ゴムが詰まってしまうと、「またか……」と、何だか憂うつな気持ちになりますよね……。

工場関係者の方々にとって、機械がとまってしまい、安定的な操業ができないということは非常にストレスになるのではないでしょうか?

そのようなストレスを感じずに、常に安定した脱水機の操業ができたとしたら……。

実は世界に一台の方式であるアサヒプレスの連続圧搾脱水機ならば、常に安定した操業が可能なのです!

なぜならば……
  1. 連続式脱水機のため大量に処理することができる
  2. 回転数が2〜5回転/minのため、電力コストがなんとスクリュープレスの約5分の1
  3. 2と同じ理由から、メンテナンスコスト(5年に1回でOK)が安い

そして何より、構造上、合成ゴムが詰まってしまうことはありません。

もしもアサヒプレス(脱水機)が工場にあったとしたら、どのようになるのでしょうか?

ここで、すでにアサヒプレス(脱水機)を工場で活用されているお客様の生の声を聞いてください。

お客様の声 その1 【 ゴム製造メーカー:Y.K 課長 】

弊社ではゴムの製造ラインにおいてスクリュープレスで脱水を行っておりました。しかし、スクリュープレスではゴムの性質上出口で詰まってしまうことが度々発生しておりましたので安定操業に問題を抱えていました。

そこでいろいろな機器を探しましたが、ゴムが詰まらないことを優先するとバッチ式になり、連続式では詰まりが発生すると、どれも一長一短でした。

そんな折に、たまたま食品工業展でアサヒプレスの存在を知りました。アサヒプレスは連続式でありながら圧搾脱水方式な為、出口で詰まる心配がないと紹介していただきました。

そこで、さっそく脱水テストを行いましたところ、連続式でありながら出口での詰まりが起きない、というまさに私どもの抱えていた問題点を解決する結果が出たのでした。

しかも、今まで使っていたスクリュープレスと比較しますと同じ処理量でもスペースの縮小および維持管理費の削減が可能となりました。

今後も同様のラインではアサヒプレスを使用することになろうかと思います。どうぞ宜しくお願いします。

いかがですか?

アサヒプレス(脱水機)なら、合成ゴムがつまることなく、常に安定した操業ができるのです。

「確かに興味はわいたんだけど、いきなり導入するのはちょっと……」と思われる方もいらっしゃると思います。

そんなあなた様のために、弊社ではアサヒプレス(脱水機)のテストを行っております。実際にあなた様が工場で脱水されているものが、搾れるのか、搾れないのか、製造工程でアサヒプレス(脱水機)が向いているのか、向いていないのか、テストをすることが可能なのです! 

また、実際に現物を見てみると、カタログではわからないアサヒプレス(脱水機)の構造や特長もよくわかります。

「実際に試してみたい!」とお考えの方は、存分にお試しください。

「脱水の時間とコストを下げたい」

と真剣に考えている方は、 今すぐ下記のフォームからお申し込みください。


今すぐ申し込む

株式会社フロー・ダイナミックス
(第一実業100%出資子会社)
〒101-8222
東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
          (御茶ノ水ソラシティ17階)
電話 03-6370-8798
FAX 03-6370-8602

TOPへ戻る